darcosoft.com

WEBがあれば本がそれほど必要なくなります。

WEBサービスとセキュリティホール

WEBがあれば本がそれほど必要なくなります。 WEBサービスでのインターネットの利用ということではセキュリティ対策が非常に重要になりますが、その中でもセキュリティホールという言葉の理解が重要になってきます。セキュリティホールはセキュリティの穴ということですが、現実の家などの安全対策ということでは、鍵をかけて、誰も入り込めないようにするというのが基本です。インターネットでも同じで、内部に入り込める穴があると、玄関に鍵がかかっていても意味はないようなもので、簡単に侵入ができます。

その穴をセキュリティホールと表現していますが、実際に穴が開いているわけではなく、ウイルスなどのプログラムが入り込めるようなシステムの歪などをセキュリティホールと呼んでいます。ウイルスという言葉も、初心者には馴染めないもので、最初は何のことだと考えてしまいますが、この動きを知れば知るほど、伝染病などのウイルスにそっくりで理解しやすくなります。

よくもウイルスという名前を考えたものだというところですが、病原菌はインターネット内にいるわけではなく、悪さをするプログラムの名前をウイルスということで利用しているということです。このウイルスを利用しながらサイバー攻撃を仕掛けて、インターネットの利用者を混乱させながら、情報やお金などを奪いという方法になります。


Copyright(c) 2019 WEBがあれば本がそれほど必要なくなります。 All Rights Reserved.